『細胞の分子生物学(第6版)』を読もう

分子生物学・医学に、私達が手伝えることはないかと、確かめようという試みです。スマホで、PC版の表示をさせたい人は、印刷をするときなどのてんてんてんというボタンにタッチして、メニューから、PC版サイトをクリックして下さい。

細胞の分子生物学(その34)

なぜ、新型コロナウイルスのワクチンが、mRNA なのか、解き明かします。

細胞の分子生物学(その33)

DNA から、mRNA への転写、アミノ酸への翻訳。こうして、食事でお馴染みのタンパク質が、できる。力のこもった絵を入れましたが、まだ分子生物学では未熟者なので、コドンとアンチコドンを、書き間違ったかも。でも、伝えたいことは、出尽くしています。

細胞の分子生物学(その32)

『細胞の分子生物学』を、進めています。ちょっと、水素結合は、強いのか弱いのか、話題にしてみました。

細胞の分子生物学(その31)

分子生物学の勉強にどんな本が良いか、案内します。高校の物理を大学へ行ってからどう学べば良いか、提案しました。 物理学を分子生物学に応用する事にも触れました。 後半は、ストーカーの話を、書きました。

細胞の分子生物学(その30)

現在2022年2月12日20時28分である。(この投稿は、ほぼ2481文字)私「昨日のドラえもんのブログの投稿は、本来、このブログに投稿する積もりで、書いていたものだった。愚痴ばっかりになって、申し訳ない」麻友「新型コロナウイルスのせいで…

細胞の分子生物学(その29)

現在2022年2月2日20時41分である。(この投稿は、ほぼ3980文字)麻友「今日、ポートへ、行かれなかったの?」私「緊急事態宣言は出ていないけど、蔓延防止等重点措置の意味を汲んで、ポートは、午前中で、閉所となってしまったんだ」若菜「遠…

細胞の分子生物学(その28)

現在2022年2月1日21時15分である。(この投稿は、ほぼ1167文字)私「あっ、その手があったか!」麻友「2月1日に、『細胞の分子生物学(第7版)』が出て、新型コロナウイルスの倒しかたが、書いてあると、太郎さんは、言ってたけど」若菜「…

細胞の分子生物学(その27)

現在2021年12月2日23時51分である。(この投稿は、ほぼ750文字)麻友「あらっ、久しぶりね」結弦「お父さん、分子生物学なんて、もう完全に、オワコンだよ」私「確かに、新型コロナウイルスは、終わったコンテンツかも知れない。だけど、免疫…

細胞の分子生物学(その26)

現在2021年9月3日20時56分である。(この投稿は、ほぼ2818文字)私「このブログで、説明する。と言いながら、滞っていて、申し訳ない」麻友「なぜか、なんて、いいわ。始めて」結弦「6ページまで、進んでたね」若菜「6ページの一番下の段落…

DNAの冒険(その4)

現在2021年7月7日19時22分である。(この投稿は、ほぼ2160文字)麻友「太郎さん。昨日、だみっちょょ @damiccho さんに、返信ツイートしたわね」私「昨日の投稿、自信があったんだ。だから、サイドバーに表示される、アイキャッチ画像に、素敵…