『細胞の分子生物学(第6版)』を読もう

分子生物学・医学に、私達が手伝えることはないかと、確かめようという試みです。スマホで、PC版の表示をさせたい人は、印刷をするときなどのてんてんてんというボタンにタッチして、メニューから、PC版サイトをクリックして下さい。

細胞の分子生物学(その38)

現在2022年9月25日8時57分である。(この投稿は、ほぼ4056文字)麻友「ガロア理論、やった?」私「その前に、眠くなり、眠った」若菜「それが、正常ですね。2時43分に起きているのですもの」結弦「細胞の分子生物学は、スキャン原稿を、読…

細胞の分子生物学(その37)

現在2022年9月24日21時07分である。(この投稿は、ほぼ2706文字)麻友「一緒に、新型コロナウイルスを、倒しましょって、言ってたのに」私「その気持ちに、変わりは、ないんだ。ただ、手順が色々あって、すぐに始められなかったんだ」若菜「…

細胞の分子生物学(その36)

現在2022年9月23日18時11分である。(この投稿は、ほぼ3448文字)麻友「どうしたの? 太郎さん」私「昨日、眠くなって、眠ったんだけど、3時頃、7時頃、10時頃などに、ちょっと、目が覚めた。でも、眠くて、眠った。12時13分頃、起き…

細胞の分子生物学(その35)

現在2022年9月22日20時26分である。(この投稿は、ほぼ1399文字)私「今、読み始めた諸君。『もう、(その35)まで、進んでいる。過去記事を、読まなきゃ』とは、思わなくて、良い」麻友「えっ、どうしたの? いきなり」私「麻友さんが、最…

医学機器の行方

あまり、現実離れしたことをするのは、精神異常と思われる。

新型コロナウイルス、倒そう

新型コロナウイルスを倒すのに、そんなに難しい数学は、いらない。

細胞の分子生物学(その34)

なぜ、新型コロナウイルスのワクチンが、mRNA なのか、解き明かします。

細胞の分子生物学(その33)

DNA から、mRNA への転写、アミノ酸への翻訳。こうして、食事でお馴染みのタンパク質が、できる。力のこもった絵を入れましたが、まだ分子生物学では未熟者なので、コドンとアンチコドンを、書き間違ったかも。でも、伝えたいことは、出尽くしています。

細胞の分子生物学(その32)

『細胞の分子生物学』を、進めています。ちょっと、水素結合は、強いのか弱いのか、話題にしてみました。

細胞の分子生物学(その31)

分子生物学の勉強にどんな本が良いか、案内します。高校の物理を大学へ行ってからどう学べば良いか、提案しました。 物理学を分子生物学に応用する事にも触れました。 後半は、ストーカーの話を、書きました。