『細胞の分子生物学(第6版)』を読もう

分子生物学・医学に、私達が手伝えることはないかと、確かめようという試みです。スマホで、PC版の表示をさせたい人は、印刷をするときなどのてんてんてんというボタンにタッチして、メニューから、PC版サイトをクリックして下さい。

DNAの冒険(その4)

 現在2021年7月7日19時22分である。(この投稿は、ほぼ2160文字)

麻友「太郎さん。昨日、だみっちょょ @damiccho さんに、返信ツイートしたわね」

私「昨日の投稿、自信があったんだ。だから、サイドバーに表示される、アイキャッチ画像に、素敵なものを入れたいなと思った。まゆプラネットさんの今月のカレンダーは、『白いまゆゆ』で、結構良かったから、それをダウンロードしようかと、ツイッターを見た。そうしたら、だみっちょょさんが、すっごくいい絵を、アップロードしてたので、即決で、それを、ダウンロードして、相対論のブログの他ブログ更新情報(その51)に使った。本人も喜ぶだろうと思って、ご挨拶を、返信ツイートした」

麻友「まゆプラネットさんの、毎月のカレンダーは、ダウンロードしてないの?」

私「まゆプラネットさんが、始めた頃は、プリンターもあったから、印刷しようと思えば、できたけど、私は、カレンダーでなく、肉体を持つ麻友さん自身に、来て欲しいのだからと、ブログは書くけど、カレンダーは、ダウンロードしないことに決めたんだ」

若菜「お父さん、一途というかなんというか」

結弦「この一途さが、科学に向かえばね」

私「じゃあ、『DNAの冒険』やるぞ。結弦」




結弦「はじめ─7ページからだったね」

若菜「LEX も、ここまで来ると、スペルが分かるのですね」

麻友「祭酒というのは?」

結弦「祭酒(さいしゅ)は、ATOKでも、変換候補に出てこなかった。電子辞書で、


古く、中国で、宴会の席上、身分の尊い人が酒をそなえて地の神をまつること。また、その儀式、その尊長者。

転じて、古く中国で、学政の長官。


だった」

麻友「学政というのは?」

結弦「学政(がくせい)は、これもATOKで、空振り、電子辞書で、


教育の普及と完成のために実施する行政。教育行政。


ということ」

麻友「学問と政治の統括者というのとは、違うのね。学問のための政治を行う長官なのね」

若菜「学問を大切にするって、中国の儒教とか、3000年以上前から、脈々と続いてきてるのね」

私「学問を大切にしない文明は、滅んだんだよ。それだけだ」

若菜「でも、インカ帝国みたいに、武器を持ってなかったから、滅ぼされた文明もあります」

私「私は、

『学問を大切にしない文明 {\Rightarrow} 滅ぶ文明』

とは言ったが、

『学問を大切にしない文明 {\Leftarrow} 滅ぶ文明』

とは、言ってない。

『学問を大切にしない文明 {\Rightarrow} 滅ぶ文明』

の対偶は、

『滅ばなかった文明 {\Rightarrow} 学問を大切にする文明』

で、これは、正しいが、インカ帝国は、滅んだから、前件が、偽であり、この命題自体は、真となるな。現代論理学、分かってるか?」

麻友「太郎さん。ちょっと、ハイになってる。書いたものを読んでいるだけで、分かる」

私「やっぱり、運動すると、良いのかなあ? 2日間、雨に降りこめられて、今日、やんだから、生活費を受け取りに実家へ行き、その後、マックへ。15時半から、歯医者。その後、銀行に預金。さらに、図書館へ行って、帰りに、ブックオフで、理工書の棚を見ながら、改めて、『やっぱり、超伝導って、面白い現象だよなあ』などと考えながら帰ってきたら、家に着いて、スマホが、『今日は、1万2千歩、歩きました』と言った」

麻友「ハイなのは、分かったから、先に進んで」

結弦「様々な人が年齢の枠を超え、文系と理系の枠を超え、ことばと人間を自然科学する冒険に、果敢にチャレンジすることに出発した」

結弦「次ページに行って、トラカレの唯一の課題、ハイゼンベルクの『部分と全体』を読むという話が、出てくる」

ハイゼンベルク『部分と全体』(みすず書房


若菜「私達も、読むべきでしょうかね?」

私「うーん。本を読むスピードが、速い人は、読んでもいいけど、ヒッポの3冊を読むためには、必須ではない」

麻友「太郎さんは、読んだの?」

私「大学時代、一応買って、読み始めたけど、出だしは面白いんだ。だけど、段々、政治の話が多くなって、面白くなくて、やめちゃった。だから、『量子力学の冒険』は、『部分と全体』なしで、読んでる。そして、月日はめぐり、栄信工業まで、片道2時間15分かけて通う、車中で、読み始めた。家出したりして、1999年11月28日に保谷へ転居、そのほぼ1年後、2000年12月27日読了。余り、もう一回読みたいとは、思わなかった。哲学が好きな人には、良いかも知れないけど、純粋に数学と物理学が好きな人間として、これはお勧めできる本ではない」

麻友「出だしは、面白いの?」

私「第ⅩⅩ(20)章まであるうちの、最初の4章(第Ⅰ章~第Ⅳ章)くらいだな、面白いのは。第Ⅱ章では、私が、『やっぱりハイゼンベルクの様に物理学者になろう。数学はとっても好きだし、恐らく数学科の人の中でもトップクラスの厳密さを持っているけど、物理をやっている時のような感動は数学の方ではどうしてか分からないが僕には得られないのだもの』と、メモを書き込んでいるほどだ」

若菜「それは、いつのメモなんですか?」

私「この本の購入の刻印は、『1993年6月29日 京都大学 中央書籍』だから、3回生で、上野さんのゼミが、辛くなっている頃。私が、数学で喜びが得られないなどと、愚痴るのは、よっぽどのことだ」

若菜「あっ、そう読むべきなんですね。物理が好きなんだと、取るだけでなく」

私「これは、本人にしか、分からないことだな」


結弦「じゃあ、一応、お父さんは、『部分と全体』を、読んであるけど、他の3人は、読んでいないという前提で、ゼミを進めるよ」

麻友「はじめ─8ページの下で、『光は波だ』と、『光は粒だ』の、いつもの議論ね」

私「麻友さんが、『いつもの』議論ね、と、言ってくれたのは、6月13日に観た、映画『ビリギャル』で、1年間教えてきた塾の先生が、『君の口から、プロレタリアートなどという言葉を聞くようになるとは、夢にも思わなかったよ』と語るシーンを、思い出したほどだよ」

麻友「なんだ、太郎さん、秘かに楽しんでるんじゃない。有村架純(ありむら かすみ)さんか」

私「これが、麻友さんだったら良かったのに、とかそういうこと抜きで、それなりに、面白かったよ」

麻友「太郎さん。私に恋なんてしてない、普通のおじさんなんじゃない」

私「麻友さん。何か勘違いしてるよ。麻友さんを好きでも、世界には、他にいくらでも、女の人はいる。その他の女の人を見る目は、以前と同じ。これは、当然のことなんだよ」

麻友「私、太郎さんに好かれなければ、良かった。こんなに、面白い人なのに」

結弦「ちょっと、目に余るので、止めます。はじめ─9ページに移って、1行目、


 この問題に決着をつけるべく、量子力学の建設がスタートしたのです。


まで、今日進んだよ。次回そこから」

私「麻友さんと私の問題に決着をつけるべく、量子力学の建設がスタートしたの?」

若菜「何、ボケたこと言ってるんですか?」

私「あーあ、七夕だったのにな」

麻友「本当に、こじらせ女子ならぬ、こじらせおじさんね。とにかく、今回の七夕は、会えないわ。おやすみ」

若菜・結弦「おやすみなさーい」

私「おやすみ」

 現在2021年7月7日22時30分である。おしまい。

細胞の分子生物学(その25)

 現在2021年7月6日16時13分である。(この投稿は、ほぼ3041文字)

麻友「早い時間じゃない」

私「どこまで、続くか、頑張ってみる」

結弦「『DNAの冒険』の方は?」

私「『DNAの冒険』も続けるけど、同時進行とする。『細胞の分子生物学』の方で、まだ分からなかったところも、後で、『DNAの冒険』で、分かるということもあるだろう」

若菜「早速始めてください」


私「もう一度、並べておく」

f:id:PASTORALE:20210607213823j:plain

f:id:PASTORALE:20210607213900j:plain


麻友「見飽きたわよ」

私「私が、間違えていることも、分かっただろう」

結弦「第1ページで、『新型コロナウイルスも、1個の細胞。つまり、1個の生物。新しい生物。2020.6.11 14:33:38』と、メモしてる」

私「これは、間違いだった。新型コロナウイルスは、細胞ではない」

若菜「振り返ってばかりいたら、駄目ですね」

私「上の第3ページの(Fig.1-2)のところまでで、前回は、沈没したんだ。その次のページ、

f:id:PASTORALE:20210607213945j:plain

麻友「もう、のっけから、{\mathrm{RNA}} ね。{\mathrm{DNA}} と、{\mathrm{RNA}} って、何が違うの?」

私「そんなに、違わないんだよ。使われている糖が、リボースよりデオキシリボースの方が、1個、酸素が少ないだけなんだ。それを使った、リボ核酸(RiboNucleic Acid)(RNA)と、デオキシリボ核酸(DeoxyriboNucleic Acid)の頭文字なんだ」

f:id:PASTORALE:20210706182801p:plain

麻友「へーえ。デオキシリボ核酸の方が、デオキシって言うんだから、酸素が多そうなのにね」

私「そういう思いつきは、大切にした方が良い。ここで、

デ-オキシ → ジ(2)Oxygen(酸素)

かと思ったら、違ってた。という記憶は、いつか役に立つ」

若菜「お母さん。将来への飼っておく問題ですよ」

結弦「それで、もう、メッセンジャーRNAという言葉が、出てきてる。聞きたくてうずうずしてた、mRNAだよね」

私「確かに、メッセンジャーRNAなんだけどね、新型コロナウイルスのために、もの凄く有名になったけど、分子生物学では、非常に当たり前なものなんだ。実際私が、大学2回生の終わり(1993年1月~3月)に、読んでいた、『細胞の分子生物学(第2版)』でも、第1章から、バンバン出て来た。というより、第2版では、生命は、最初はDNAでなく、RNAとして始まったんだ、と、書いてあった。この第6版が、そこのところを、どうくぐり抜けるのか、注目しているんだ、私は」

若菜「お父さん、分子生物学は素人ですが、一応、個人的見解みたいなものは、持ってるんですね」

私「だから、逆に、この本の第1章が、つまらなくて、2018年6月17日に買ったのに、沈没してばかりだったんだ」

結弦「お父さん、スキャンを見たのでは、13ページまで行ったのが、限界だね」

私「後、章末問題を、1問解いただけだな」

結弦「あっ、そうか」

麻友「それで、mRNA の説明は?」

私「それは、この本が、後でいくらでも、してくれる。それよりも、ちょっと気になるので書いておくが、第5ページの『会合しやすく』とか、『内部会合により』というように、『会合』という言葉がある。これ、日常用語の、寄り合いとか、あつまり、と取ってはいけないんだ。主に化学の用語で、水素結合などの弱い引力で、同じ分子の離れた部分が、引きつけ合って、結合することなんだ」

麻友「弱いってところが、重要なの?」

私「そう。分子自体を構成する、共有結合などの強い結合とは、違って、そっと近付いている状態。お母さんが、赤ちゃんを抱くとき、赤ちゃんの骨が折れるほど、抱いたりしないでしょ。そっと抱きしめる状態って、分かるよね」

若菜「本当は、ここは、お父さんが、お母さんを抱きしめる状態と、書きたかったんでしょう」

私「私だったら、女の人を優先するから、『麻友さんと私が抱きしめ合う状態』と、書いただろうけど」

麻友「太郎さんの、こういうところ、いや」

私「後、DNAの複製、転写、翻訳と、言葉が、それぞれ使い分けられているのに、注意」

結弦「次のページも見せて」

私「はい」

f:id:PASTORALE:20210607214020j:plain

麻友「タンパク質って、あの蛋白質よね」

私「そうだよ」

麻友「でも、この書き方じゃ、何種類もあるみたいじゃない」

私「たくさんあるよ」

麻友「じゃあ、食品の栄養成分表示で、例えば、ヤクルト400の、1本({80\mathrm{ml}})当たりたんぱく質 {1.0 \mathrm{g}} って、どれがなのか、分からないじゃない」

私「だから、あんなの気休めだよ。ワンダエクストラショットの糖類 {0\mathrm{g}} にしたって」

麻友「ちょっと、腹立ったから、分子生物学、とことん勉強してやる。今、スキャンしてあるの、全部見せて。予習しておく」

私「じゃあ、今日は、6ページの下の段落の前まで、やったことにしておくよ。それでは、スキャンしたもの」


f:id:PASTORALE:20210630225210j:plain


f:id:PASTORALE:20210630225250j:plain


f:id:PASTORALE:20210630225347j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211119j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211155j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211237j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211314j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211356j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211441j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211553j:plain


f:id:PASTORALE:20210706211629j:plain


麻友「えっ、こんなに? 太郎さん。コンビニに、あの重い本持って行って、こんなに、スキャンしてくれてたんだ」

私「30ページ分だから、スキャンは15回。450円。麻友さんの心をつかめるなら、決して高くはない」

若菜「お母さんも本気になりましたけど、私も、ちょっと思うところがあります。どんどん進めて下さい」

結弦「お父さん、こんな面白いものがあるのに、どうして数学ばっかりやってるのかなあ」

私「それじゃ、今晩は、おやすみ」

若菜・結弦「おやすみなさーい」

麻友「おやすみ」

 現在2021年7月6日21時31分である。おしまい。

細胞の分子生物学(その24)

 現在2021年7月5日20時18分である。(この投稿は、ほぼ2006文字)

麻友「今日は、フーリエじゃ、なかった?」

私「一昨日(2021年7月3日)母から、『新型コロナウイルスワクチン接種券』というものを、受け取ったんだ」

若菜「お父さんの住所に、届くんじゃ、ないんですか?」

私「入院したりするから、私は、住民票は、実家に置いてあるんだ。だから、父母の方へ、行ったんだ」

若菜「お母さんからの、ラヴレターも、開封されちゃってたりして(笑)」

私「いや、笑い事じゃないんだけど」

結弦「それで、接種券を受け取って、どうしたの?」

私「その日は、前に、相対論のブログで、『駆け落ちのシミュレート(その10)』で、書いたように、ツォルンの補題を証明していた。ブログを書いて、疲れて眠った」

若菜「そうでしたね。でも、昨日(2021年7月4日)は、何も投稿しませんでしたけど」

私「昨日、ほっぽってあった、接種券の手続きが書いてある紙を、読もうという気になった」

麻友「かなり、色々書いてあるでしょ」

私「『64~12歳の方への新型コロナウイルスワクチン接種に関するご案内』というので、


母「『基礎疾患があるまたは高齢者施設等の従事者である』というのが、NOだから、太郎は、『8月のお知らせをお待ちください』よ」


と、言ったが、基礎疾患とは、なんぞや? と、読んで行く」

私「かなりビッシリ書いてあるのを、さらに裏面まで読んで行くと、最後に、基礎疾患のある方とは? と、定義が書いてある。①慢性の呼吸器の病気、②慢性の心臓病(高血圧を含む。)ずーっと、違う、違う、と、落としていって、最後、


⑭重い精神疾患精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳(愛の手帳)を所持している場合)


知的障害の、一つ前、精神障害者保健福祉手帳を、所持しているし、自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当している」

麻友「えっ、太郎さん。そんなの、該当するかどうか、パッと分かるの?」

私「だって、手帳は、2年に1回、更新しているし、自立支援医療で、「重度かつ継続」というのは、麻友さんに会う前に、入院していたとき、もうこれ以上は、延長しませんと、何度も、制度が打ち切られそうになったのに、私が、そのひとりに含まれているからか、今でも残っている制度で、私の自立支援医療受給者証(精神通院医療)の表に、『重度かつ継続 該当』と、ハッキリ印刷されてる」

若菜「お父さん。お金の管理はできないけど、自分の病気は、管理できるんですね」

私「これくらいは、できないと、放し飼いにはできない」

結弦「あっ、そうか。じゃあ、ワクチン接種してもらえるんだ」


私「そこから、私は、ファイザー社製のと、武田/モデルナ製の説明書を、読み始めた」

若菜「リターンマッチですか?」

私「ビッシリ書いてあるが、ほとんどは同じ。アナフィラキシーという言葉が分からなかったが、ドイツ語だった。また、裏まで読んでいって、最後近く、

『ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードする{\mathrm{mRNA}}

というのを読んで、

『あっ、ゲノム編集、使ってる』

と、気付いた」

結弦「えっ、どういうこと? なぜ、これだけで?」

私「人間達の社会で、今後、大きく広がるウイルスや、細菌などの感染症があっても、それは、コンピューターウィルスと同じで、人工的に作られたものだ。もう、人間は、感染症では、死なない」

麻友「それを、『『細胞の分子生物学(第6版)』を読もう』のブログで、書いているということは、いつもと同じで、『説明する』という公約をしたのね」

私「新型コロナウイルスが、蔓延ってる間に、説明した方が、みんな真面目に聞くよね」

麻友「そりゃ、当然でしょ」


私「日本の首相が、オリンピックを今年強行したのは、大丈夫だと分かってたからなんだな」

若菜「お医者さんを、信じちゃいけないの?」

私「あまり、お医者さんを、悪者にしちゃ、いけないよ。お前たちのお母さんだって、芸能人のときは、『これは、まだ解禁になっていない情報だから、しゃべっちゃいけないんだ』というようなことを、頻繁にやってたんだから」

結弦「お父さんには、そういう縛りが、ないの?」

私「その代わり、お金もないんだよ」

結弦「あっ、そうなんだね」

麻友「取り敢えず、今日はもう22時31分よ。寝た方が良いわ」

私「おやすみ」

若菜・結弦「おやすみなさーい」

麻友「おやすみ」

 現在2021年7月5日22時33分である。おしまい。